医療用ウィッグの返品手順

ウィッグでおしゃれを楽しむ

医療用ウィッグの返品手順

医療用ウィッグの返品手順 医療用ウィッグは個人に合わせて作られているので返品は基本的には不可能となっていますが、初期不良の場合などの特別な理由がある際には可能となっています。既に一度医療用ウィッグを装着している場合や、シャンプーやリンスなどを使用した場合については、一度水などで綺麗に洗ってしっかりと乾かしておく必要があります。カットやパーマなどの加工をしてしまった場合についても、可能な限り初期状態に使い状態に戻しておく必要がありますが、カットなどの大きな加工や元に戻せない加工の場合には返品を断られる場合も多いです。
医療用ウィッグを元の状態に戻してパーマなどを直して、シャンプーやリンスを良く落としたうえでしっかりと乾かしたら、それぞれの購入先へ問い合わせて返品が可能であるかに関してや返送先をに関して教えてもらいます。元通りの状態にしたうえで元の状態と同じように梱包して、指定された返送先へ医療用ウィッグを返送すれば完了します。

補助金を使える医療用ウィッグ

補助金を使える医療用ウィッグ ウィッグの本来の目的は、ロングヘヤーやショートヘアーなど様々な髪型を楽しむためのアイテムで女性に人気があります。現在ではファッションとしてだけでなく、ガン治療に不可欠な放射線や抗がん剤を使用している方も愛用されており医療用ウィッグというものも登場しています。
「髪は女性の命」と言われるように、ガンという重い病になったうえに薬や治療の副作用で頭髪が抜け落ちるのは非常に辛いものがあります。数多くの女性患者さんの声を真摯に受け止めた大手ウィッグメーカーが、15年前から医療用ウィッグの生産販売を開始すると同時に厚生労働省が補助金を申請するようになりました。今では大学病院等でガン治療を受けると同時に、病院内でも医療用ウィッグの取り扱いを行なっていて簡単に手に入るようになりました。補助金は最大で商品の60%もの金額で受給することが可能です。辛い治療を続けるうえで、少しでも元気になれるのが医療用ウィッグだといえます。