医療用ウィッグにも保険は効く?

ウィッグでおしゃれを楽しむ

医療用ウィッグにも保険は効く?

医療用ウィッグにも保険は効く? 病気や怪我が原因で頭髪を剃る必要があったり、脱毛してしまった場合に利用されることが多いのが、医療用ウィッグです。市販されているファッションウィッグに比べてより自然な仕上がりにするためにも、精巧に作られている特徴があるため医療用ウィッグを用意する場合費用が高額になってしまうデメリットがあります。
病気や怪我が元になり、医療用ウィッグを用意する必要が出てくると保険診療内でカバーすることは可能か確認する方は多いですが、現在では医療用かつらに限らず義手・義足なども保険診療の対象にはなっていないため、全て自己負担となります。
特に医療用かつらは医療器具として認められていないため、保険以外にも医療控除の対象に含まれないため、利用する場合には注意が必要です。しかし手術時に頭蓋骨が欠損した状態が続く場合など、薄い皮膚以外に頭部を保護する物が必要な場合に限り、医療用ウィッグが治療器具と認められ医療控除の対象となる場合があります。

医療用ウィッグの試着の注意点

医療用ウィッグの試着の注意点 病気や怪我によって髪の毛を失ってしまうとなると、ショックで人前にも出たくなくなってしまいます。しかし、医療用ウィッグがあれば人毛から作られていることから自然に見せることができ、病気や怪我の治療に直接役立つわけではないものの、メンタルの面で自分らしさを取り戻して前向きに治療に励むようにもなるアイテムとなります。
医療用ウィッグを選ぶときには、試着してみることが欠かせません。サイズが合っているかどうかをチェックするだけでなく、重くないかどうか、頭を動かした時に違和感がないかどうかも確認しておきます。
医療用ウィッグは、抗がん剤治療に入るなどあらかじめ髪の毛を失ってしまう可能性を考えて早めに用意しておくのも安心でいいのですが、まだ髪の毛がある状態で試着を行っても意味がありません。髪の毛がなくなることで頭のサイズも小さくなってしまうことになり、実際に髪の毛を失ってから被ってみれば大きすぎるというトラブルにも発展してしまいます。